MENU

海外FXのスプレッド比較ランキング!通貨別の最狭おすすめ業者を解説

海外fx最狭スプレッドアイキャッチ

この記事を読んでいるあなたは、

  • 海外FX業者のスプレッドを比較したい
  • 海外FXの最狭&最小スプレッド業者を知りたい
  • そもそもスプレッドとは何かを知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「海外FX業者15社のスプレッド比較や最狭スプレッド業者、選び方」などを紹介していきます。

なお、スプレッドを含めた人気の海外FX業者については、海外FX業者おすすめランキングにて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
海外FX業者おすすめランキング!人気の海外FX口座20選を徹底比較 ※2024年最新 この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの海外FX業者/海外FX口座を知りたい 海外FX業者の特徴や口コミ評判などの内容を比較して知りたい それぞれの海外FX業者のメリ...
目次

【通貨別】海外FX業者のスプレッド比較一覧表

株価のチャート

海外FX業者のスプレッド比較は、以下の表の通りです。

業者名 米ドル/円 英ポンド/円 豪ドル/円 米ドル/英ポンド
xmtradingoのロゴ

XMTrading

1.6pips 3.5pips 3.0pips 2.3pips
fxgtロゴ

FXGT

1.4pips 3.2pips 3.4pips 2.1pips
bigbossのロゴ

BigBoss

1.5pips 2.4pips 1.8pips 2.1pips
AXIORYのロゴ

AXIORY

1.4pips 2.3pips 2.1pips 1.9pips
iforexのロゴ

iFOREX

0.8pips 2.3pips 3.0pips 1.0pips
hotforexのロゴ

HFM

2.0pips 3.2pips 2.2pips 1.8pips
is6FXロゴ

IS6FX

1.6pips 3.1pips 2.9pips 2.4pips

そもそもスプレッドとは

スマホで株

スプレッドとは、為替相場で取引されている通貨ペアの「売値(BID)」と「買値(ASK)」の差のこと言います。

取引毎に必ず発生する費用のため、スプレッドの幅が狭ければ狭いほどFXで発生する費用を抑えることができます。

スプレッドはFX業者や通貨ペア、時間帯によっても変動するため、取引前には必ずスプレッドの幅を確認しましょう。

スプレッドと手数料の違い

手数料とは、一般的に別途支払いが必要になったり口座から引き落とされたりするものです。

一方でスプレッドは、実質的な取引コストにあたるものです。

スプレッドによるコストは常に取引の損益に反映されているため、手数料とは異なります。

国内と海外FXのスプレッドの違い

世界経済

国内と海外FXのスプレッドの違いについて解説していきます。

1.スプレッドの仕組み

国内FXのスプレッドは「固定制」海外FXのスプレッドは「変動制」を採用しています。

固定制の場合は、為替変動によりスプレッドが拡大するリスクがありません。

しかし、不透明なトレード起こりやすいため注意が必要です。

変動制の場合は、スプレッドが狭くなることもあれば広がることもあり、狭い時には取引コストが抑えられます。

しかし、経済指標発表時のように相場が大きく動くとスプレッドが拡大するリスクがあるため注意が必要です。

2.口座の種類

国内FX業者と海外FX業者では、口座の種類が違います。

国内FX業者は、1種類の口座しか設けられていないケースが多いです。

一方、海外FX業者は口座開設ボーナスやキャンペーンなどを受け取れる一般口座と、レバレッジの狭さに特化した中上級者向けの口座の2種類が用意されています。

中上級者向けの口座ではスプレッドが狭いですが、その分取引手数料がかかる場合やボーナス、特典が対象外になる場合があります。

自分の取引スタイルに合わせた口座タイプを選びましょう。

海外FX業者をスプレッドで選ぶ際のポイント

ビジネスマンと株価

海外FX業者をスプレッドの狭さで選ぶ際のポイントを解説します。

自分に適したスプレッドのFX業者を選ぶ

自分の取引スタイルに合ったFX業者のスプレッドを選ぶことが大切です。

取引に慣れていない初心者の方は、スプレッドが広めのFX業者・口座タイプを選びましょう。

また、多少の広いスプレッドも賄えるようにボーナスが豪華な業者を選ぶのもオススメです。

取引に慣れてきた中上級者の方は、スプレッドの狭いFX業者・口座タイプを選びましょう。

取引コストの安さを重視し、取引回数を重ねていくことをオススメします。

約定力の高さで選ぶ

スプレッドだけで決めるのではなく、約定力の高さで選ぶことも重要です。

約定力が低いと、注文した価格と実際に約定した価格に差が生じるスリッページが発生する場合があります。

スリッページが発生してしまうと、希望通りのタイミングで取引が出来ずに損失を生んでしまう可能性があります。

スプレッドの狭さに加えて、約定力が高い業者を選ぶことが取引コストを抑えるポイントです。

必ず「平均スプレッド」の値でFX業者を選ぶ

平均スプレッドの値でFX業者を選ぶことも重要です。

変動制を採用する海外FX業者は、アピールの方法としてスプレッドが最も小さくなった際のスプレッドを掲載する傾向にあります。

実際に取引が行われている際の平均スプレッドを知ることは、業者のスプレッドが広いか狭いかを判断するのに役立ちます。

必ず平均スプレッドの値を見てFX業者を検討しましょう。

取引したい通貨ペアのスプレッドで選ぶ

スプレッドの規模で海外FX業者を選ぶ際は、取引したい通貨ペアでスプレッドを選ぶことが大切です。

同じFX業者・同じ口座タイプでも、通貨ペアによってスプレッドが変わります。

一般的に、米ドル円やユーロドルのような主要な通貨ペアはスプレッドが狭い傾向にあります。

一方、ポンド関連通貨やメキシコペソ円などの高金利通貨は、スプレッドが広くなりやすい傾向にあります。

事前に公式サイトで取引したい通貨ペアのスプレッドを確認しましょう。

【最狭】スプレッドが狭い海外FX業者おすすめランキング

FXチャート

スプレッドが狭い海外FX業者を紹介します。

XMTrading

xmtrading公式

出典:https://www.xmtrading.com/jp/

XMTradingとは、取引手数料が込みで主要通貨ペアのスプレッドが狭い海外FX業者です。

数ある海外FX業者の中で、特に知名度があり日本人からも1番人気の海外FX業者でもあります。

XMTradingで「XMTrading ZERO口座」を開設するとドル円・ユーロ円・ドルユーロなどのプレッドが0pipsになります。

スプレッドが狭い海外FX業者を利用したい方は、XMTradingがオススメです。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、XMTradingの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 1.6pips
英ポンド/円 3.5pips
豪ドル/円 3.0pips
ユーロ/円 2.3pips
米ドル/英ポンド 2.3pips
ユーロ/米ドル 1.6pips

XMTradingの特徴

XMTradingは、スプレッドの狭さが海外FX業界の中でもトップレベルであり、金不要の13,000円ボーナスや最大500ドルの入金ボーナスなど、特典も豊富に揃っているのが特徴です。

日本語サポートも24時間365日受けられ、信頼性の高いセーシェル金融庁のライセンスを取得しており安心して利用することができます。

ただし、法人口座での取引はできないため注意してください。

なお、XMTradingの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 888倍
取引可能な通貨ペア数 57種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(24時間365日対応)
取引手数料 無料
ライセンス セーシェル金融庁
公式サイト XMTrading公式サイト

FXGT

fxgt公式

出典:https://fxgt.com/jp/home

FXGTは、平均的なスプレッドでサービスを提供しており、豊富なキャンペーンや仮想通貨FXのある海外FX業者です。

仮想通貨(暗号資産)FXのレバレッジをMAX1,000倍まで上げて取引ができるため、仮想通貨トレーダーには人気となっています。

FXGTは最低入金額が500円なため、気軽にFXを始めることができるのも嬉しいポイントです。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、FXGTの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 1.4pips
英ポンド/円 3.2pips
豪ドル/円 3.4pips
ユーロ/円 2.0pips
米ドル/英ポンド 2.1pips
ユーロ/米ドル 1.6pips

FXGTの特徴

FXGTでは、銀行送金やクレジットカード、仮想通貨などの豊富な入出金方法があるのが特徴です。

その中でも仮想通貨FXのコストが低く、仮想通貨トレーダーに人気の海外FX業者です。

一定期間取引が行われないと、口座維持費が発生する場合があるため注意してください。

なお、FXGTの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 1,000倍
取引可能な通貨ペア数 約130種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(24時間365日対応)
取引手数料 無料
ライセンス セーシェル金融庁
公式サイト FXGT公式サイト

BigBoss|口座開設ボーナス5,000円相当 ※当サイト限定

bigboss公式

出典:https://www.bigboss-financial.com/

BigBossとは主要通貨ペアのスプレッドが狭く、全ての口座タイプで特典を受け取ることができる海外FX業者です。

BigBossの米ドル円のスプレッドはスタンダード口座が1.5pips、プロスプレッド口座が0.3pipsなため他社の海外FX業者よりも低スプレッドで取引ができます。

さらに、取引する度にボーナスも受け取ることができ、その他キャンペーンも不定期に開催されるためお得にFXを行うことができるのも嬉しいポイントです。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、BigBossの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 1.5pips
英ポンド/円 2.4pips
豪ドル/円 1.8pips
ユーロ/円 1.9pips
米ドル/英ポンド 2.1pips
ユーロ/米ドル 1.9pips

BigBossの特徴

BigBossは、世界屈指のサーバーを利用しているため短期トレードでも注文のズレが生じず、スムーズに取引が行える特徴があります。

主要通貨ペアのスプレッドが狭いBigbossですが、取り扱っている通貨ペアが約35種類と他の海外FX業者に比べると少なくなっています。

さらに、当サイト限定で5,000円相当の口座開設ボーナスを受け取ることができます。

受け取れる期間は、2023年11月28日(水)0:00〜2024年1月4日(木)23:59で、口座開設後の本人確認完了で2営業日以内に反映されます。

なお、BigBossの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 999倍
取引可能な通貨ペア数 約35種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(平日のみ10:00~24:00)
取引手数料 無料
ライセンス セントビンセントグレナディーンFSA
公式サイト BigBoss公式サイト

AXIORY

axiory公式

出典:https://www.axiory.com/jp/

AXIORYとは、低水準のスプレッドと手数料で取引が行える海外FX業者です。

口座の種類に関わらず全体的な通貨ペアのスプレッドが狭く、上級者向けの口座を開設しなくても、トップレベルの低スプレッドで取引が可能です。

さらに、約定力が約99%のためスリッページが発生せず、トレーダーに有利な取引ができます。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、AXIORYの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 1.4pips
英ポンド/円 2.3pips
豪ドル/円 2.1pips
ユーロ/円 1.5pips
米ドル/英ポンド 1.9pips
ユーロ/米ドル 1.2pips

AXIORYの特徴

AXIORYは、トップレベルの低スプレッドで取引ができ、約定力も高く短期・自動売買に特化しているのが特徴です。

スキャルピングを活用した取引制限がないため、スプレッドの狭さを活かして短期トレードをしたい方にもオススメです。

しかし、他の海外FX業者が提供しているような豪華な特典やボーナスは用意されていません。

なお、AXIORYの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 400倍
取引可能な通貨ペア数 約60種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(平日のみ9:00~24:00)
取引手数料 無料
ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会
公式サイト AXIORY公式サイト

iFOREX

iforex公式画像

出典:https://www.iforex.jpn.com/

iFOREXとは、海外FX業者の中で1番スプレッドが狭く、コストを抑えて取引することが可能な海外FX業者です。

iFOREXでは主要通貨であるドル円のスプレッドが「0.8pips」で、取引手数料も一切かかりません。

そのため、iFOREXは海外FXを初めて利用したりコストを抑えたりしたい人に人気となっています。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、iFOREXの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 0.8pips
英ポンド/円 2.3pips
豪ドル/円 3.0pips
ユーロ/円 1.2pips
米ドル/英ポンド 1.0pips
ユーロ/米ドル 0.7pips

iFOREXの特徴

iFOREXは、ロスカット率が0%のためFXで借金を作るリスクがないのが特徴です。

運営歴も25年と長く、取得難易度が高いライセンスを持っており信頼性と安全性が高いのもトレーダーにとっては嬉しいポイントです。

しかし、iFOREXの最大レバレッジは400倍のため、高いレバレッジをかけた取引はできません

なお、iFOREXの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 400倍
取引可能な通貨ペア数 82種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(24時間365日対応)
取引手数料 無料
ライセンス イギリス領ヴァージン諸島金融サービス委員会
公式サイト iFOREX公式サイト

HFM

hotforex公式

出典:https://www.HFM.com/sv/jp/index.html

HFMとは、入会ボーナスや特典を受け取れる上にスプレッドも狭い海外FX業者です。

HFMの公式サイトでは、リアルタイムのスプレッド状況を確認することができ、他の海外FX業者のスプレッドと比較することも出来ます。

さらに、最低入金額が500円と気軽にFXを始めることができるため、初心者から上級者まで高い支持を得ている海外FX業者です。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、HFMの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 2.0pips
英ポンド/円 3.2pips
豪ドル/円 2.2pips
ユーロ/円 1.9pips
米ドル/英ポンド 1.8pips
ユーロ/米ドル 1.3pips

HFMの特徴

HFMは、人気海外FX業者上位のGEMFOREXと同等の最大1,000倍のレバレッジで取引ができる特徴があります。

世界の国や地域などで7つのライセンスを取得しており、信頼性・安全性も抜群です。

しかし、日本円を直接口座に送金することができないため、注意が必要です。

なお、HFMの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 1,000倍
取引可能な通貨ペア数 51種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(平日のみ15:30~24:00)
取引手数料 無料
ライセンス セントビンセントグレナディーンFSA
公式サイト HFM公式サイト

IS6FX

is6fx公式

出典:https://is6.com/ja

IS6FXとは、他の海外FX業者と比較するとスプレッドが広めに設定されている海外FX業者です。

IS6FXはレバレッジを6,000倍に設定して取引ができる口座があり、スタンダードの口座よりも低いスプレッドを生かすことが可能です。

さらに、完全日本語対応のため初心者でも安心して利用することができます。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、IS6FXの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 1.6pips
英ポンド/円 3.1pips
豪ドル/円 2.9pips
ユーロ/円 2.3pips
米ドル/英ポンド 2.4pips
ユーロ/米ドル 1.5pips

IS6FXの特徴

IS6FXは、短時間で何度も売買を行うスキャルピングが出来る特徴があります。

取引手数料が無料のためコストを節約してFXを行うことができるのも嬉しいポイントです。

しかし、ロスカットが50%と他の海外FX業者よりも高く、金融ライセンスは取得していません。

なお、IS6FXの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 1,000倍
取引可能な通貨ペア数 約40種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(平日のみ24時間対応)
取引手数料 無料
ライセンス 未登録
公式サイト IS6FX公式サイト

FBS

fbs公式

出典:https://jpfbs.com/

FBSは、米ドル通貨とペアになっている通貨のスプレッドが狭いことで有名な海外FX業者です。

さらに、海外FX業界の中では1番レバレッジが高く、ハイレバレッジで取引したいユーザーには大人気となっています。

FBSでは、新規ユーザーが少額からFXを始められるようにお得な特典やボーナスも用意されているため、豪華な特典を受け取りたい方にもオススメです。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、FBSの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 0.8pips
英ポンド/円 2.5pips
豪ドル/円 1.8pips
ユーロ/円 1.8pips
米ドル/英ポンド 0.6pips
ユーロ/米ドル 0.3pips

FBSの特徴

FBSは、早朝や週明けなどのスプレッドが広がるタイミングでも急激な広がりが少ないのが特徴です。

そのため、米ドル通貨をメインにトレードをおこなっている方にはオススメの海外FX業者と言えます。

しかし、最大レバレッジが3,000倍とハイレバレッジなため、ロスカットの危険性があり注意が必要です。

なお、FBSの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 3,000倍
取引可能な通貨ペア数 約40種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無
取引手数料 無料
ライセンス なし
公式サイト FBS公式サイト

Land Prime

landfx公式

出典:https://www.land-fx.com/

Land Primeとは、米ドル通貨を用いた通貨ペアのスプレッドが低い海外FX業者です。

3種類の口座タイプから選ぶことができ、初心者向けの「スタンダード口座」でも主要なドル円のスプレッドが0.9pipsとなっています。

最低入金額が1,000円なのも初心者には嬉しいポイントです。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、Land Primeの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 0.9pips
英ポンド/円 1.9pips
豪ドル/円 1.8pips
ユーロ/円 0.7pips
米ドル/英ポンド 1.2pips
ユーロ/米ドル 0.7pips

Land Primeの特徴

Land Primeは、海外FX屈指のスプレッドの狭さと約定力の高さが特徴です。

追証されずにレバレッジ500倍で取引ができ、通貨ペア数も67種類と豊富です。

しかし、他社の海外FX業者よりも取引禁止事項が多いため、公式HPをよく確認しましょう。

なお、Land Primeの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 500倍
取引可能な通貨ペア数 67種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(平日のみ10:00~18:00)
取引手数料 無料
ライセンス セントビンセント金融サービス機構
公式サイト Land Prime公式サイト

TradersTrust

traderstrust公式

出典:https://traders-trust.com/ja/

TradersTrustは、海外FX業界の中では1番レバレッジが高く、約定力も高い海外FX業者です。

TradersTrustでは、1万円の口座開設キャンペーンや豪華な入金ボーナスを常に実施しているため、お得に取引を始めたい方にもオススメです。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、TradersTrustの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 1.7pips
英ポンド/円 2.6pips
豪ドル/円 2.0pips
ユーロ/円 2.0pips
米ドル/英ポンド 2.2pips
ユーロ/米ドル 1.5pips

TradersTrustの特徴

TradersTrustは、3,000倍のハイレバレッジと「0.04秒以内に99.9%の注文を執行」と謳う約定力の高さが特徴です。

日本語サポートも手厚く、最低入金額が5,000円とやや低めの設定なのも嬉しいポイントです。

しかし、最大3,000倍のイレバレッジはロスカットの危険性もあるため注意しましょう。

なお、TradersTrustの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 3,000倍
取引可能な通貨ペア数 54種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無
取引手数料 無料
ライセンス キプロス
公式サイト TradersTrust公式サイト

IronFX

ironfx公式

出典:https://www.ironfx.com/ja/

IronFXは、ハイレバレッジ取引が可能でスワップポイントも業界トップレベルの海外FX業者です。

スワップポイントとは、取引する2カ国の通貨の金利差によって生じる利益のことで、保有しているだけで毎日利益を得ることができます。

IronFXでは、トレードコンテストの開催や豪華なボーナスキャンペーンが行われているのも魅力のひとつです。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、IronFXの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 0.9pips
英ポンド/円 3.2pips
豪ドル/円 2.5pips
ユーロ/円 2.3pips
米ドル/英ポンド 1.3pips
ユーロ/米ドル 1.2pips

IronFXの特徴

IronFXは、最大1,000倍のレバレッジで取引ができ、提供するスワップポイントが業界トップレベルという特徴があります。

日本語サポートも丁寧と評判が高いですが、日本市場を撤退した過去があるため不信感を抱く人もいます。

なお、IronFXの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 1,000倍
取引可能な通貨ペア数 84種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(日本語:平日14時~翌1時)
取引手数料 無料
ライセンス なし
公式サイト IronFX公式サイト

MYFX Markets

myfx公式

出典:https://myfxmarkets.com/ja/

MYFX Marketsは、スプレッドが比較的狭く約定力が高く初心者も使いやすい海外FX業者です。

MYFX Marketでは、自社サーバーがデータ通信業界の最大手のEquinix社データセンターに設置されており、安定した環境と高い約定力を実現しています。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、MYFX Marketsの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 1.1pips
英ポンド/円 2.4pips
豪ドル/円 1.9pips
ユーロ/円 1.7pips
米ドル/英ポンド 1.8pips
ユーロ/米ドル 1.1pips

MYFX Marketsの特徴

MYFX Marketは、スプレッドが比較的狭くスキャルピングなどの短期売買も快適に行える特徴があります。

取引環境も優れおり、注文から約定までがリアルタイムに反映されるのもトレーダーにとっては嬉しいポイントです。

MYFX Marketの最大レバレッジは、海外FX業者としては低めの500倍の設定になっています。

なお、MYFX Marketsの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 500倍
取引可能な通貨ペア数 51種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無
取引手数料 無料
ライセンス SVG IBC
公式サイト MYFX Markets公式サイト

easyMarkets

easymarkets公式

出典:https://www.easymarkets.com/int/ja/

easyMarketsは、取引の取消しができる「dealCancellation」為替レートを数秒ストップできる「フリーズレート」などの独特なサービスを持つ海外FX業者です。

独自のサービスを楽しみたい方にはオススメですが、スプレッドは全体的に広く最大レバレッジも低いため、スプレッドやレバレッジを追求する方は注意してください。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

なお、easyMarketsの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 2.0pips
英ポンド/円 4pips
豪ドル/円 3pips
ユーロ/円 2.8pips
米ドル/英ポンド 2.3pips
ユーロ/米ドル 1.9pips

easyMarketsの特徴

easyMarketsは、独自性の高いサービスと取引通貨ペア数が豊富に揃っているのが特徴の海外FX業者です。

さらに、「新規開設ボーナス」と「初回入金ボーナス」の両方が受取れるダブルボーナスキャンペーンも開催されており、お得に取引を始めることができます。

しかし、全体的にスプレッドが広いため海外FX初心者やスプレッドの狭さを第一に求めるような人は注意が必要です。

なお、easyMarketsの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 500倍
取引可能な通貨ペア数 約62種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(平日15〜24時)
取引手数料 無料
ライセンス 英領バージン諸島
公式サイト easyMarkets公式サイト

GENETRADE

genetrade公式

出典:https://www.genetrade.com/ja/

GENETRADEは、高いレバレッジと約定力でFX初心者にも使いやすい海外FX業者です。

多くの海外FX業者と同様にゼロカットシステムが採用されているため、相場の急変動により強制ロスカットが発生しても、口座残高以上の損失を避けることができます。

日本人スタッフを起用した24時間のサポート体制も、トレーダーには嬉しいポイントです。

なお、GENETRADEの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 1.6pips
英ポンド/円 3.5pips
豪ドル/円 2.7pips
ユーロ/円 2.0pips
米ドル/英ポンド 3.1pips
ユーロ/米ドル 2.0pips

GENETRADEの特徴

GENETRADEは、最大1,000倍のレバレッジと注文拒否のない高い約定力が特徴です。

口座開設ボーナス1万円と最大5,000ドル相当の入金ボーナスを常時開催しています。

しかし、スプレッドが広いため、スキャルピングや細かい値幅を狙う高頻度な自動売買をする際には注意が必要です。

なお、GENETRADEの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 1,000倍
取引可能な通貨ペア数 59種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(平日24時間)
取引手数料 無料
ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会
公式サイト GENETRADE公式サイト

MILTON MARKETS

miltonmarkets公式

出典:https://miltonmarkets.com/

MiltonMarketsは、ハイレバレッジと約定スピードの評判が高い海外FX業者です。

最大レバレッジが1,000倍、約定スピードは0.1秒と高速約定を実現しており、初級者から中上級者まで幅広い支持を得ています。

入金ボーナスキャンペーンを頻繁に開催されているため、お得に取引を始めたい方にもオススメです。

なお、MiltonMarketsの主要通貨のスプレッドは、以下の表の通りです。

米ドル/円 1.5pips
英ポンド/円 2.0pips
豪ドル/円 1.8pips
ユーロ/円 1.5pips
米ドル/英ポンド 1.5pips
ユーロ/米ドル 1.5pips

MiltonMarketsの特徴

MiltonMarketsは、スプレッドが狭く約定力が100%なのが特徴です。

丁寧な日本語サポートが平日24時間営業しているのも嬉しいポイントです。

しかし、初回入金額が3万円以上であり、他社の海外FX業者に比べると高くなっています

なお、MiltonMarketsの概要は以下の表の通りです。

最大レバレッジ 1,000倍
取引可能な通貨ペア数 43種類
ゼロカットシステムの有無
日本語サポートの有無 有(平日24時間)
取引手数料 無料
ライセンス バヌアツ金融サービス委員会
公式サイト MiltonMarkets公式サイト

【主要通貨別】海外FX口座のスプレッド比較

お金と株価

海外FX口座のスプレッドを主要通貨別で解説していきます。

USD/JPY(米ドル/円)

海外FX業者別のUSD/JPYのスプレッドの比較は、以下の表の通りです。

業者名 一般口座 中上級者口座
XMTrading 1.6pips 0.1pips
FXGT 1.6pips 1.4pips
AXIORY 1.4pips 0.5pips
iFOREX 0.9pips

一般向け口座では、iFOREXが比較的狭い傾向にあります。

中上級者向け口座では、XMTradingが0.1pipsで最も狭いスプレッドとなっています。

GBP/JPY(英ポンド/円)

海外FX業者別のGBP/JPYのスプレッドの比較は、以下の表の通りです。

業者名 一般口座 中上級者口座
XMTrading 3.5pips 1.3pips
FXGT 3.0pips 2.2pips
AXIORY 2.1pips 1.7pips
iFOREX 2.3pips

ポンド円では、どのFX業者でもスプレッドが広がりやすい傾向にあります。

その中でも一般向け口座では、AXIORYが2.1pipsと狭いスプレッドとなっています。

中上級者向け口座では、XMTradingが1.3pipsで最も狭いスプレッドです。

EUR/JPY(ユーロ/円)

海外FX業者別のEUR/JPYのスプレッドの比較は、以下の表の通りです。

業者名 一般口座 中上級者口座
XMTrading 2.3pips 1.4pips
FXGT 2.2pips 2.1pips
AXIORY 1.7pips 0.7pips
iFOREX 1.2pips

一般向け口座では、AXIORYとiFOREXのスプレッドが比較的狭い傾向にあります。

中上級者向け口座では、AXIORYのスプレッドが0.7pipsで最も狭いです。

USD/EUR(米ドル/ユーロ)

海外FX業者別のUSD/EURのスプレッドの比較は、以下の表の通りです。

業者名 一般口座 中上級者口座
XMTrading 1.6pips 1.0pips
FXGT 1.6pips 1.4pips
AXIORY 1.2pips 0.2pips
iFOREX 0.6pips

一般向け口座では、iFOREXのスプレッドが比較的狭い傾向にあります。

中上級者向け口座では、AXIORYのスプレッドが狭くなっています。

中・上級者向けの最狭スプレッドFX業者

相場の変動

中・上級者向けにおすすめのスプレッドが狭い海外FX業者を紹介します。

XMTrading

xmtrading公式画像

出典:https://www.xmtrading.com/jp/

XMTradingでは中上級者向けに狭いスプレッドで取引ができる「ゼロ口座」を提供しています。

ゼロ口座を利用することで、ドル円のスプレッドは「0.1pips」、ドルポンドは「0.4pips」など主要通貨のペアスプレッドが驚異の低スプレッドで取引できます。

ゼロ口座は、XMTradingの口座の中で一番スプレッドが狭いですが、その分取引手数料が発生するため注意してください。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

口座タイプ USD/JPY GBP/JPY USD/GBP
ゼロ口座  0.1pips 0.1pips 0.4pips

AXIORY

axiory公式画像

出典:https://www.axiory.com/jp/

AXIORYでは中上級者向けにスプレッドが狭い「ナノスプレッド口座」を提供しています。

ナノスプレッド口座を利用することでドル円のスプレッドは「1.0pips」、ドルポンドは「1.2pips」など低スプレッドで取引ができます。

さらにAXIORYでは特典やボーナスも充実しているため、お得に取引をしたいと考えいる方にはオススメの海外FX業者です。

※上記ボタンをクリックすると公式サイトに遷移します。

口座タイプ USD/JPY GBP/JPY USD/GBP
ナノスプレッド口座 1.0pips 1.6pips 1.2pips

スプレッドで海外FX業者を選ぶ際の注意点

注意点

口座の種類によってスプレッドが違う

海外FX業者では、口座の種類によってスプレッドが異なります。

一般的に海外FX業者では、口座開設ボーナスやキャンペーンなどを受け取れる一般口座と、レバレッジの狭さに特化した中上級者向けの口座の2種類が用意されています。

一般口座はスプレッドが広く、中上級者向けの口座はスプレッドが狭めに設定されています。

自分に取引スタイルに合わせて口座を選びましょう。

スプレッドと合わせて約定力もチェックする

スプレッドと合わせて、約定力の高さもチェックすることが重要です。

約定力が低いと、注文した価格と実際に約定した価格の間に差が生じてしまう「スリッページ」が発生する場合があります。

スリッページが発生すると、希望通りのタイミングで取引が出来ずに損失を生んでしまう可能性があり、その分コストもかかります。

スプレッドと合わせて約定力の高さをチェックし、取引コストを抑えるようにしましょう。

中上級者の口座の場合は手数料も考慮する

中上級者向け口座では、スプレッドがかなり狭く設定されていますが、その分「取引手数料」がかかる場合があります。

海外FX業者の公式サイトでは、スプレッドのみの記載が多いため注意が必要です。

必ず取引手数料を足したトータルのコストを計算し、他業者と比較するようにしてください。

スプレッドの広さが取引の結果に直接影響する

スプレッドの広さは取引結果に直接影響します。

スプレッドは取引毎に必ず発生する費用であり、幅が狭ければ狭いほどFXで発生する費用を抑えることができます。

利益を狙いやすくするためにも、取引前には必ずスプレッドの幅を確認してください。

海外FX業者のスプレッドに関するよくある質問

質問

FX業者の中で最小&最狭スプレッド業者はどれ?

海外FX業者の中で最小&最狭スプレッド業者は、XMTradingです。

その中でも、中上級者向けのゼロ口座は通貨ペアのスプレッドが0.4pips以下です。

取引コストもかからないため、海外FX業者の中でもトップクラスの安さと言えます。

スプレッドが広くなるのはいつ?

スプレッドが広がりやすいのは、日本時間早朝・経済指標発表時・要人発言発表時です。

日本時間の早朝(6時~7時)は、取引量が非常に少なくスプレッドが広がりやすい傾向にあります。

また、経済指標や要人発言が発表される時間帯もスプレッドが広がりやすく注意が必要です。

米国雇用統計や政策金利など、注目度が高い経済指標が発表される時間は大幅にスプレッドが広がります。

口座タイプでスプレッドの広さが異なる理由は?

口座タイプでスプレッドの広さが異なる理由は、それぞれで用途が違うためです。

海外FX業者は、口座開設ボーナスやキャンペーンなどを受け取れる一般口座と、レバレッジの狭さに特化した中上級者向けの口座の2種類が用意されています。

一般口座はFX初心者に向けた口座のため、スプレッドは広めの設定になっています。

中上級者向けの口座は、FX経験のある方に向けの口座のため、スプレッドはかなり狭めの設定になっており、その分取引手数料がかかる場合やボーナス得点が対象外になる場合があります。

どの口座が一番自身の取引スタイルに合うかを考えながら口座タイプを選びましょう。

国内FXのスプレッドはなぜ狭いの?

国内FXのスプレッドが狭い理由は、スプレッドの仕組みが「固定制」のためです。

固定制の場合、為替相場の値動きに対して大きくスプレッドが変わることはありません。

そのため、国内FXでは取引のたびにスプレッドの計算をしなくても、常に狭いスプレッドで取引が可能となります。

海外FX業者のスプレッド比較まとめ

スマホで取引

この記事では、「海外FX業者15社のスプレッド比較や最狭スプレッド業者、選び方」などについて解説しました。

海外FX業者のスプレッドは、経済状況だけでなく通貨ペアや口座の種類によっても幅が異なります

海外FX業者の中で最狭スプレッドはどの業者かを知りたい人や、他の海外FX業者と比較をしたい方は今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

なお、スプレッドを含めた人気の海外FX業者については、海外FX業者おすすめランキングにて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
海外FX業者おすすめランキング!人気の海外FX口座20選を徹底比較 ※2024年最新 この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの海外FX業者/海外FX口座を知りたい 海外FX業者の特徴や口コミ評判などの内容を比較して知りたい それぞれの海外FX業者のメリ...

この記事を書いた人

FINANCE X(ファイナンスエックス)は、「すべての投資家に最適な金融情報を届ける」を理念に掲げる金融情報メディアです。

株式投資家・現役為替トレーダーなどの金融投資歴の長いライターに執筆を依頼し、質の高い情報をお届けすることを第一としています。

先行きの見えない現代だからこそ良質な金融情報をお届けし、より豊かな資産形成に貢献することができれば私たちの本望です。

目次